3DS版の追加要素 -ドラゴンクエスト8-

総合TOPドラゴンクエスト8>3DS版の追加要素

3DS版の追加要素

シナリオ・ダンジョンの追加

  • PS2版、スマホ版には存在しない新たなシナリオが追加される。
  • 「ジャハガロス」という新たなボスがいるダンジョンが追加されている。ラスボス戦前に行える。詳しくはこちら。このエピソードには、PS2版では聖地ゴルドでのイベント以降出番がなかったマルチェロが登場する。
  • また、ドルマゲスとマスターライラスが登場する回想シーンも追加されている。これも同上ページにて解説。
  • さらにこれ以外に「追憶の回廊」というチャレンジダンジョンも。詳しくはこちら

竜人族の里や天の祭壇について

  • 8/13の公式発表により、ゲームクリア後に挑戦できる竜人族の里、天の祭壇は3DS版も存在することが明らかになった。
  • 竜神王のCVは津田健次郎。

仲間の追加

  • 新たな仲間として、ヤンガスの幼馴染の女盗賊「ゲルダ」とバトルロード格闘場の主「モリー」が追加される。
  • ゲルダは「海賊の洞窟」クリア。モリーはバトルロードSランククリアで加入する。
  • モリーは爪、打撃、ブーメラン、格闘、ねっけつという5つのスキルが。ゲルダは扇、ムチ、短剣、格闘、アウトローという5つのスキルを持つ。爪と扇はオリジナル版ドラクエ8には存在しなかった武器。
  • 最大6人になるわけだが、パーティの入れ替えに関しては、場所がある場所ではどこでも入れ替えが可能で、4人パーティに編成できる。
  • 経験値に関しては、バトルに参加していない残り2人にもちゃんと入るようになっているので差が生まれないようになっている。
  • バトル中の入れ替えも可能だが、馬車が使用でき6人で戦えるボスに関しては強化されているとのこと。

ボイスの追加

  • イベントシーンにはボイスが追加されている。
  • 「イベントシーンには」ということなので戦闘などには入らないということになる。ただし、戦闘中のコマンド「おどす」時には叫び声だけ各キャラがボイスつき。
  • ミーティアは種田梨沙、ヤンガスは立木文彦、ゼシカは竹達彩奈、ククールは細谷佳正、トロデは岩崎ひろし、ドルマゲスは子安武人、モリーは中田譲治、ゲルダは生天目仁美、サーベルトは入野自由、マルチェロは諏訪部順一、チャゴスは宮田幸季、パヴァン王は羽多野渉、シセル王妃は伊藤静、フォーグは阿部敦、ユッケは原優子、イシュマウリは杉田智和。

高速モード

  • バトルを高速化するシステムの追加。
  • 戦闘中ならいつでもバトルスピード変更可能。高速化中は画面左上に「高速」と表示される。

シンボルエンカウント

  • PS2版ではフィールドなどを歩いていると敵と遭遇するランダムエンカウント方式だったが、3DS版ではシンボルエンカウント式に変化した。
  • ドラクエ9以降のように敵との遭遇を避けて進むことが可能になったということになる。しかし、3DS版ドラクエ7のように狭いダンジョン内部ではエンカウントの回避が難しくなり、ランダムエンカウントよりも戦闘回数が多くなる場合も。

青い宝箱の追加

  • ドラクエ9以降で登場した、中身がランダムに変動する青い宝箱が追加。
  • 青い宝箱は中身が一定時間で入れ替わる。中身は通常の赤い宝箱のように貴重なものではないが、お金などが入っている。
  • 青い宝箱の位置は決まっている。進行するほどに中身が貴重なものに。スキルのたねなどが後半の青い宝箱からは入手できる。

新モンスター追加

  • PS2版ではいなかったモンスターの追加。
  • 新ダンジョン「奈落の祭壇」と「追憶の回廊」の追加により、モンスターが追加。
  • 「せんれき」で確認できるモンスターリストのID296(ほうおう)〜331(エスターク)までが新たなモンスター。
  • 例えばスライムプディング、モリーサタンなどは特定の敵を30体倒すことで出現するという特殊な扱いになっている。

獲得経験値と獲得ゴールド増加

  • PS2版と比べて、獲得経験値とゴールドを平均して1.5倍ほどに調整されている。
  • 経験値が多くなったのでさくさく進めることができるように。ゴールドは6人パーティになったため装備品に多くのお金がかかるようになったため。
  • ただしこれは序盤に限りとのことで、メタルスライムが出現したころには通常に戻る。

ボス強化

  • 6人パーティになったため、ボスが強化されている。

レベルアップ時特典

  • レベルアップ時にHPとMPが完全回復するようになった。
  • これのおかげで回復に戻らずどんどん経験値稼ぎを続けたり、ダンジョンを進み続けることが可能に。

特技呪文の調整

  • PS2版から特技と呪文の性質に変更が加えられているものもある。
  • 主人公の特技に「ドラゴンソウル」が追加。これは主人公の特技で最強の部類に入る特技。レベル70で習得。

スキルポイントの調整

  • スキルポイントに調整が入った。
  • PS2版では中盤までに入手できるスキルポイントが少なかったククールは序盤からスキルポイントを多めにもらえるようになった。これにより他のキャラとの差がつかないようになった。
  • なお、PS2版同様にスキル振りなおしは存在しない。
  • ただし、スキルポイントを5加算する貴重品だった「スキルのたね」が入手しやすく(青宝箱など)なっている。よってPS2版よりもスキルを多く獲得できるように。

錬金釜について

  • 素材選びの際、錬金に使えるものは白い文字、それ以外は暗い文字になるようになった。
  • 錬金の素材を選んだ後、即座にアイテムが完成するようになった。

セーブデータについて

  • セーブデータは2つ。
  • そして中断データというものが1つ。

バトルロードの新ランク

  • モンスターバトルロードに新ランクSSランクが追加。
  • これはSランククリア時に出現する。攻略方法はこちら

写真撮影機能

  • いつでも写真撮影が可能な機能がついた。写真クエストを行うために必須な機能。
  • 写真ではパーティキャラクターを配置して自由にポーズをとらせたり、デコレーションやコメントを付けることが可能。
  • これらの写真は3DSのすれちがい通信機能で交換できる。

元気玉と超元気玉

  • 使うと10回の戦闘で経験値が2倍になる「元気玉」と30回の戦闘で2倍になる「超元気玉」が追加。
  • 今回、経験値がオリジナル版より1.5倍高いのは序盤に限定されるが、これによって中盤、後半も効率よくレベルを上げられる。

「超」のたね

  • 「ちからのたね」や「スキルのたね」などのステータスアップ系アイテムに「超」のアイテムが追加。

見た目装備

  • オリジナル版では主人公(竜神装備)とゼシカ(2種のビスチェや踊り子の服など)でしかなかった見た目が変わる装備が今回は全キャラに追加。
  • ククールには「白波の装」というものがあり、弓道を行う和風な姿になる。
  • ゲルダでは「キャプテンクロス」と「キャプテンハット」をセットで装備すると変動する。
  • その他、3DS版での新装備についてはこちら

その他の追加要素

ダンジョンの地図消滅

  • 3DS版では下画面にダンジョン地図が表示されているため、「〜の地図」という、各ダンジョンの地図が無くなっている。
  • 代わりに別のものが入っているように。すべてお金が入っている。
  • 滝の洞窟の地図→100G
  • リーザスの塔の地図→100G
  • 旧修道院跡地の地図→300G
  • 願いの丘の地図→500G
  • 剣士像の洞窟の地図→1000G
  • トロデーン城の地図→1500G
  • モグラのアジトの地図→1500G
  • 闇の遺跡の地図→2000G
  • ライドンの塔の地図→3000G
    竜骨の迷宮の地図→2000G
  • 薬草園の洞窟の地図→3000G
  • 海賊の洞窟の地図→3500G
  • 神鳥の巣の地図→4000G
  • 暗黒魔城都市の地図→5000G

フィールドでのショートカットコマンド

  • 3DS版では、下画面の「←」ボタンをタッチするとショートカットコマンド。
  • 「ルーラ」「バウムレンのすず」「神鳥のたましい」「れんきんがま」「なかま」コマンドの4つがある。
  • 特にバウムレンのすずと神鳥のたましいをすぐに使えるようになったのは大きく快適性が向上。

スカウトモンスターについて

  • PS2版ではランダムエンカウントだったが、バトルロードでのチームに入れることができるスカウトモンスターだけはフィールド上に見えていた。
  • 3DS版ではシンボルエンカウントになったが、スカウトモンスターは変わらずフィールド上にいる。ただし、スカウトモンスターの頭の上には武器マーク(剣がクロスしているもの)が表示されているため、どれがスカウトモンスターなのかはちゃんと判別できるようになっている。
  • また、新たなスカウトモンスターも追加されている。位置はスカウトモンスターマップへ。

白と黒のキラーパンサー

  • オークニスに200Gで売っている「しろがねのすず」を使うと白いキラーパンサーを呼べる。
  • 三角谷に200Gで売っている「くろがねのすず」を使うと黒いキラーパンサーを呼べる。

ちいさなメダルについて

  • ちいさなメダルの景品の必要枚数が変化している。
  • あみタイツはPS2版だと28枚だったが、3DS版は25枚に。
  • また、ちいさなメダルの入手数が新たに24個追加された。詳細はちいさなメダルページへ。

回想シーン追加

  • 3DS版では、魔犬レオパルド戦後に煉獄島へ連れていかれたところで主人公の夢の中での回想が。
  • 幼い頃の主人公とミーティアの出会いのシーンとなっている。

カジノの新景品

  • ベルガラックのカジノに新たな景品追加。
  • 「ゴシックミトラ」という、主人公専用の頭装備。コイン25000枚必要。ザキ系、眠り、マヒ、混乱に強くなる。

ボスの新たな行動

  • ドルマゲス以降のストーリーボスが3DS版は強化されているが、新たな攻撃を行うものもいる。
  • レティスがメダパニーマを使うようになっている。
  • マルチェロがザラキを使うようになっている。
  • ラスボスのラプソーンは行動は変化ないが、行動ルーチンが変化。結界解除は「不敵に笑う」を使わないようになっている?PS2版ではマダンテの後は凍てつく波動だったが、3DS版はマダンテの後に手をたたきつける攻撃を行うため、HPが400程度維持していないと一気に壊滅する強敵になっている。

ミーティアの夢追加

  • 宿屋に泊まったときに見ることができるミーティアとの夢での会話が追加。以下のようなものが。
  • バトルロードの優勝のお祝いとモリーがパーティ加入の話。
  • 竜神王を倒した後、主人公の出生が分かった後。複雑な心境を語るミーティアが見られる。
  • マルチェロが現れる追加エピソード(ジャハガロスエピソード)の後は、マルチェロとククールの仲を心配するミーティアが見られる。

竜神王の試練のほうび

  • 竜神王の竜の試練は1つクリアするごとにほうびを選べるが、「新たな修行場」というものが追加されている。
  • これを選択すると3DS版の追加ダンジョン「追憶の回廊」に挑戦できるように。

ゼシカエンディング追加

  • PS2版は通常エンディングと、ゲームクリア後のダンジョンでアルゴンリングを入手した場合の真エンディング2種類があった。
  • 3DS版ではゼシカ関連のエンディングが2種類追加されている。詳しくはこちら

総合TOPドラゴンクエスト8>3DS版の追加要素